プリザーブドフラワーの基礎知識!魅力や基本の作り方などを分かりやすく解説

当サイトではプリザーブドフラワーの基礎知識をご紹介しています。
魅力や基本の作り方などを分かりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。
プリザーブド加工をした花では、どんな花材が使われているのかについても触れています。
花の種類にこだわって選びたい場合に参考になるかもしれません。
それからプリザーブドのフラワー造りに必要な道具についても紹介しています。
道具から揃えたい人にも役立つ可能性があります。

プリザーブドフラワーの基礎知識!魅力や基本の作り方などを分かりやすく解説

プリザーブドフラワーの基礎知識から知っておきたい、と考えている人もいるのではないでしょうか。
プリザーブドフラワーは特殊な液体を用いて花や葉っぱに含まれている水分を除去し、加工した花です。
綺麗な状態を長く保たせることが出来るのが魅力です。
プリザーブドフラワーのアレンジを作る時には器とフォーム、花材を揃えておきます。
ワイヤリングした花材をフォームにバランスよくセットしていくのが基本的な作り方となります。

プリザーブドフラワーとは?ドライフラワーや生け花との違いは?

お花のギフトとして最近よく見かけるのがプリザーブドフラワーです。
可愛らしいアレンジがされており、目を引く花ギフトなので気になっている方も多いでしょう。
見た感じ生花ではなさそうというのは多くの人が感じるところかと思いますが、ドライフラワーや生け花などと比べて違いがよくわからないという方も多いようです。
ドライフラワーは生花を乾燥させたお花のことで、長持ちはしますが瑞々しさはなく、トーンダウンしてしまい、虫もつきます。
生け花は生花や葉や枝などを器に活けたお花のことで、瑞々しく綺麗ですが長持ちはしません。
対して、プリザーブドフラワーは生花を加工して作られたお花のことです。
生花を特殊な液で加工してあるので、花本来の色や瑞々しさを損ないません。
また、湿気や直射日光には気をつけなくてはいけませんが、半永久的に保存が可能で、虫がつくこともないので比較的管理がしやすいのが特徴です。
インテリアとして飾っておくには最適なため、フラワーギフトにプリザーブドフラワーが選ばれています。

プリザーブドフラワーの魅力とは?

家族や友人に何かプレゼントをしたいと考えている方が多くいると思われます。
そんな方におすすめなのが、プリザーブドフラワーです。
生花とほとんど変わらない見た目で、長期間保存できるなど多くの魅力があります。
カラーバリエーションも豊富で、贈る相手に合わせて色を選ぶことが可能です。
プリザーブドフラワーの保存期間はヨーロッパだと5年から10年だと言われています。
日本は環境が異なるので少し短くなってしまいましが、それでも長期間保存できることには変わりないです。
ちょっと保存方法に気を配るだけで、5年は長持ちさせることができます。
何に気をつけるべきかというと、高温多湿の場所を避けることに加えて、直射日光などの強い光が当たる場所に置かないことです。
これくらいのことは、誰でも実践することができるはずです。
プリザーブドフラワーは長く楽しんでもらえるため、プレゼントをしたら喜んでもらえます。
お手入れもほとんどかかりません。

プリザーブドフラワーはプレゼントとしても人気

大切な人へのプレゼント迷ったときにはプリザーブドフラワーを選ぶのも良いかも知れません。
プリザーブドフラワーは様々なデザインのお洒落なアイテムがあるので、お祝いや記念日に相応しい魅力的な品物を贈ることができるとして人気があります。
よく売れているプリザーブドフラワーの一例には、白のポットにリボンと花をアレンジしたデザインの商品が挙げられます。
プリザーブ加工をした薔薇をメインに使用していて、造花のグリーンも使われている商品です。
華やかなピンク系が人気があり、女性へのプレゼントに誕生日を始めとした機会に選ばれています。
それからドーム型のクリアケースに入った丸型アレンジメントもよく売れているアイテムです。
埃が付きにくくなっているので、長く綺麗な状態で鑑賞できます。
そしてボックスアレンジのプリザーブドフラワーもランキングの上位に入るアイテムです。
箱に詰められたデザインがモダンでお洒落な雰囲気となっています。

お見舞いの際にプリザーブドフラワーを持参しても大丈夫?

プリザーブドフラワーは、プレゼントとして高い人気を誇りますが、お見舞いの際に持参するのにも最適です。
プリザーブドフラワーは、生花のように水やりなどの手間がかかりませんし、アレンジメントされたものであれば花瓶の準備も不要です。
入院している本人や、その家族などに負担をかける心配がないのは大きな魅力と言えるでしょう。
匂いや花粉がないのも、お見舞いに最適な理由のひとつです。
体調不良の際は、普段は心地よい香りであってもストレスに感じることもありますが、プリザーブドフラワーは匂いがないので体調不良の方への贈り物として適しています。
加えて、生花から作られていますが、花粉処理が施されているので花粉が飛散することはありません。
花粉によるアレルギーや感染症の心配がありませんし、害虫や細菌の発生もないので安心して持参することができます。
さらに、プリザーブドフラワーは平均で2~3年は美しい状態が保たれます。
長期間にわたって楽しむことができるので、長期入院されいる方にも喜ばれるでしょう。

プリザーブドフラワーに関する情報サイト
ブリザーブドフラワーの基礎知識

当サイトではプリザーブドフラワーの基礎知識をご紹介しています。魅力や基本の作り方などを分かりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。プリザーブド加工をした花では、どんな花材が使われているのかについても触れています。花の種類にこだわって選びたい場合に参考になるかもしれません。それからプリザーブドのフラワー造りに必要な道具についても紹介しています。道具から揃えたい人にも役立つ可能性があります。

Search